整骨院をお探しなら久喜駅から5分の久喜整骨院へ!

成長痛その2 膝の痛み(オスグッド・シュラッター)

今回も成長痛のお話です。オスグッド・シュラッターという膝が痛くなるケガについてです。

※前回の成長痛セーバー病と「痛める原因」・「予防」などは類似しています。

 

もし、お子さんがこんな行動を行っていたら成長痛かもしれません。

・つま先などを使い、庇って歩く

・膝やカカト、ふくらはぎなどが痛いと訴える

・よく行っていた運動をしなくなる、少なくなる

 

いかがでしたか?ふと、観察してみてください。

 

 

オスグッドが発生する場所は脛骨粗面(膝のお皿より少し下にある骨の出っ張り)です。

痛める原因は

・ストレッチ不足、特に運動前後に行わない

・片方に荷重をかけ過ぎる

・繰り返し同じ動作が多い

などです。

さらに成長痛の特有の要素で、「骨の成長+引っ張られる筋肉」があります。

 

骨の成長で痛めるってどういう事?と思った方もいるかと思います。

●成長期で身体の骨が伸びる

骨に付着している筋肉が骨の成長と共に伸ばされる

この時、筋肉はゴムの様に伸び、引っ張られる力が強くなる

筋肉の引っ張りが強くなり、「筋肉が骨に付着している部分」や「筋肉そのもの」に痛みが発生する

という流れがあるのです。

 

オスグッドでは、大腿四頭筋という「もも前にある筋肉」が原因となります。

この大腿四頭筋、股関節よりも上からスタートしていて、ゴールは今回のオスグッドで痛めてしまう脛骨粗面(膝のお皿下の出っ張り)です。

意外と長い筋肉なんだなと思いませんでしたか?

この筋肉は膝の動きだけではなく、股関節の動きにも大きく関係している重要な筋肉なのです。

ちなみに、もも裏同様に肉離れにもなりやすい箇所でもあります。

ストレッチ重要ですね。

 

 

骨の成長を止める事がある意味一番の予防ですが、そんな事不可能に近いですよね。

ですので、予防策は「筋肉の柔軟性」「負荷をかけすぎない」です。

運動前はストレッチ+準備運動でアップを、運動後はクールダウンついでにストレッチが有効です。

スポーツをする時も繰り返しの動作を少なくしたり、練習量を少なくするのも有効です。

子供は18歳頃にようやく大人と同じ体に完成します。それまでは骨は柔らかく、負荷を掛け過ぎるのは成長にも影響する場合もあります。お子さんのことを気に掛けてみてください。

 

もしお子様が痛めた、或いはこんな症状で悩んでいる等ありましたら、当院に是非ご相談下さいね。

 

 

 

久喜整骨院

/

Recommend Post おすすめの記事

久喜整骨院の日常
症状から記事を探す

INFORMATION 当院に関する情報

院名
久喜整骨院
所在地
〒346-0014
埼玉県久喜市吉羽4-3-3
受付時間
9:00〜12:00 / 15:00~19:30
※土曜日のみ受付時間18:00まで
※休診日:水曜・祝日・日曜午後
※臨時で休診日が変更になることがございますのでお電話にてご確認ください
アクセス
【バスでお越しの方】
※久喜駅東口よりバスが運行しております。
◆朝日バスの場合
停留所「高田」で下車し、徒歩1分です。

◆久喜市内循環バスの場合
「野久喜・吉羽公園」「野久喜経由・ふれあいセンター行き」、「吉羽経由・久喜駅東口行き」のどれかにご乗車いただき、停留所「高田」で下車し、徒歩1分です。

【車でお越しの方】
整骨院の前と裏手に13台の駐車スペースがあります。詳細な場所などにつきましては受付にお尋ねください。
■カーナビでは久喜整骨院(くきせいこついん)で検索ください
受付時間
9:00〜12:00
15:00〜19:30 15:00〜
18:00