整骨院をお探しなら久喜駅から5分の久喜整骨院へ!

成長痛その1 かかとの痛み(セーバー病)

今回は思春期(成長期)に多い成長痛についてお話ししていきます。

 

成長痛とは成長期(10〜16歳頃)に発生しやすい怪我の総称です。痛みやすい場所は膝やかかと、ふくらはぎなど下半身に多くみられます。

実はこの記事を書いている僕、宮崎もセーバー病になった事があります。

床にカカトが付くだけで激痛でした(笑)。特に歩く時が痛く、松葉杖を使用した事もありました。

このセーバー病に限らず成長痛全般に言えることですが、原因の1つに骨の成長が大きく関係しています。

 

 

「骨の成長で痛む」ってどういうこと?と疑問に思った方が多いかと思います。

●成長期で身体の骨が伸びる

骨に付着している筋肉が骨の成長と共に伸ばされる

この時、筋肉はゴムの様に伸び、引っ張られる力が強くなる

引っ張りが強くなり、骨に付着している部分や筋肉そのものに痛みが発生する

という流れがあります。

 

成長期では大人同様の硬い骨が形成されていないことが多いです。十分な固さではない骨に筋肉の引っ張りという「骨の成長+筋肉の牽引」により発生してしまうのです。

 

 

ここまで骨の成長が痛みの原因とお話ししてきましたが、それ以外にも「スポーツなどよく体を動かす」「繰り返し同じ動きが多い」「ストレッチ不足」なども関係しています。

 

予防法では

・足のストレッチを日ごろから行う(特に運動前)

・体重を減らす

・靴ののかかとを踏まない様にする(しっかり靴を履く)

・ジャンプや踏ん張る等の動きを減らす

・繰り返し同じ動きは少なくする

等かかとへの負担を減らしていくことが重要です。

 

 

最後にですが、僕はこのセーバー病の翌年に足底筋膜炎という「足裏の筋肉が原因」のカカト痛に

なりました。正直また痛くなった!もう嫌だ!と思いました。(笑)

成長痛は誰しもが必ずなるわけではありません。ですが繰り返す場合もありますし、僕のように別の原因でまた痛むという場合もあります。

毎日毎日ではなくても、ふと思い出したらでも良いです。お子様の様子を観察したり、ご自身のお体のケアはしっかりとされてくださいね。

 

 

久喜整骨院

 

/

Recommend Post おすすめの記事

久喜整骨院の日常
症状から記事を探す

INFORMATION 当院に関する情報

院名
久喜整骨院
所在地
〒346-0014
埼玉県久喜市吉羽4-3-3
受付時間
9:00〜12:00 / 15:00~19:30
※土曜日のみ受付時間18:00まで
※休診日:水曜・祝日・日曜午後
※臨時で休診日が変更になることがございますのでお電話にてご確認ください
アクセス
【バスでお越しの方】
※久喜駅東口よりバスが運行しております。
◆朝日バスの場合
停留所「高田」で下車し、徒歩1分です。

◆久喜市内循環バスの場合
「野久喜・吉羽公園」「野久喜経由・ふれあいセンター行き」、「吉羽経由・久喜駅東口行き」のどれかにご乗車いただき、停留所「高田」で下車し、徒歩1分です。

【車でお越しの方】
整骨院の前と裏手に13台の駐車スペースがあります。詳細な場所などにつきましては受付にお尋ねください。
■カーナビでは久喜整骨院(くきせいこついん)で検索ください
受付時間
9:00〜12:00
15:00〜19:30 15:00〜
18:00