整骨院をお探しなら久喜駅から5分の久喜整骨院へ!

頭痛について【前編】

皆さん、頭痛の経験はありませんか?
痛いですし煩わしいですよね。いきなり出てきますし、放っておくと「かえって痛みが強くなる」なんて経験よくありませんか?

痛みが強いと生活の動作もしづらくなり、薬に頼るとこも多いかと思います。

 

 

頭痛には大きく分けて3種類あるって皆さん知ってましたか?

【緊張性頭痛】
【偏(片)頭痛】
【群発頭痛】
があります。

ちなみに
・普段とは違う激しい頭痛が突然起こった
・麻痺、ひきつけなどがある、物が二重に見えたりする
・意識や言葉に影響がでる
・頭痛に発熱が伴う
・「目をえぐられるような」激しい痛み
といった症状が出た場合は、群発頭痛やその他の重大な病気のサインの可能性があります。

掛かり付けの病院への受診をお勧めします。

 

【緊張性頭痛】

ジワジワ、ズンズン、モヤッと、ジンジン、ハチマキで締め付けられた様な痛み、など色々な表現があります。

首と頭の付け根や頭頂部、後頭部、こめかみなど痛む場所も様々です。
この頭痛の原因は筋肉の硬さと血行です。要はコリと血行不良が原因なのです。その他にもストレス、目の酷使、疲労など様々あります。

皆さん、そもそもコリとは何か知っていますか?

筋肉が硬くなる(同じ姿勢、使いすぎ、逆に使わない、運動不足等で)

筋肉が硬くなり血流が悪くなる(筋肉の血液を送るポンプ作用が弱くなる)

疲労物質が血流とともに流れにくくなる

結果: 頭への血行が悪くなる&疲労物質の蓄積しコリへ発展

という流れによって発生してしまいます。
緊張性頭痛はコリが長期化、強くなった時に発生しやすくなります。
この流れを断ち切る事がコリ予防や軽減、つまり緊張性頭痛の緩和につながります。

それならば、コリへの対策は見えてきますね。

温めて血行を良くさせる、適度に体を動かす、筋肉を物理的に緩める(指圧やストレッチ)というのが有効です。
指圧や温めは首肩背中だけではなく、頭痛がする直接の場所やこめかみ、頭皮、おでこにも効果があります。

ちなみに僕、宮崎の頭痛はよく頭頂部に出やすいので、頭頂部やおでこをよく押しています。

頭痛についてなかなかに長くなってしまいました。

皆さん頭痛の記事を読みすぎて頭痛になってしまったりは大丈夫ですか?
後編で偏頭痛、群発頭痛についてお話ししていきますね!

 

 

                                                 久喜整骨院

/

Recommend Post おすすめの記事

久喜整骨院の日常
症状から記事を探す

INFORMATION 当院に関する情報

院名
久喜整骨院
所在地
〒346-0014
埼玉県久喜市吉羽4-3-3
受付時間
9:00〜12:00 / 15:00~19:30
※土曜日のみ受付時間18:00まで
※休診日:水曜・祝日・日曜午後
※臨時で休診日が変更になることがございますのでお電話にてご確認ください
アクセス
【バスでお越しの方】
※久喜駅東口よりバスが運行しております。
◆朝日バスの場合
停留所「高田」で下車し、徒歩1分です。

◆久喜市内循環バスの場合
「野久喜・吉羽公園」「野久喜経由・ふれあいセンター行き」、「吉羽経由・久喜駅東口行き」のどれかにご乗車いただき、停留所「高田」で下車し、徒歩1分です。

【車でお越しの方】
整骨院の前と裏手に13台の駐車スペースがあります。詳細な場所などにつきましては受付にお尋ねください。
■カーナビでは久喜整骨院(くきせいこついん)で検索ください
受付時間
9:00〜12:00
15:00〜19:30 15:00〜
18:00