整骨院をお探しなら久喜駅から5分の久喜整骨院へ!

五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)

今回は四十肩・五十肩のお話です。

正式名称は「肩関節周囲炎 (かたかんせつしゅういえん)」 「凍結肩 (とうけつかた)」ともいいます。

肩を捻った、重いものを持って痛めたなど明確な原因が無いにも関わらず唐突に発生することが多い肩の痛みです。

 

症状は

・肩より上に腕が上がらない(肩の動きの制限)

・動かすと痛い(肩を上に上げる、洗髪、エプロンやベルトなど腰の後ろに動かす動作等)

・夜に痛みが強くなる

などがあり、温めると少し症状が良くなる事があります。

名称は、40代で発生すると四十肩、50代で発生すると五十肩と呼ばれ同じ傷病の事を指します。

 

名称はシンプルな傷病ですが、実は原因はとても多くあるのです。

・筋肉や腱、靭帯由来(傷病、動かさないことによる柔軟性低下、姿勢不良)

・関節包や滑液包由来

・加齢

・骨棘(骨のトゲ)

・関節の変形

など様々あります。

言ってしまうと、「五十肩の原因は○○」というより、「肩が痛くなった症状を総称し五十肩と呼んでいる」ようなイメージです。

 

五十肩に似てはいますが、厳密には異なる症状として

・石灰沈着(骨の成分が溶けて筋肉に付着)

・腱板断裂

もあります。

 

 

五十肩には症状によって3段階(炎症期・氷結期・解凍期)に分けられます。

1,炎症期

3段階のうち、一番痛みが強い時期です。

痛みでなかなか眠れず、夜中に目覚めてしまうこともあり、睡眠障害になってしまう事もある一番辛い時期です。

「痛い時には安静にしてあまり動かない」「冷やして安静にする」

ギックリ腰寝違えなどの記事をご覧になられた方は何度も目にしたこの文面ですが、この五十肩に関しては少し違います。

「温める」「痛みが強くない時は軽めに動かす」というのが重要です。

五十肩は今までの様に動かせるまで半年~1年以上かかるといわれている長く続く傷病です。

少しでも肩の動き(=可動域)を回復する為、辛い時期を短縮する為に肩を動かしていくことが重要なのです。

もちろん激痛に耐えながら肩をブンブン動かすといった過剰な運動は厳禁ですよ!

 

 

2,氷結期

痛みはある程度減少しますが、肩の動き(=可動域)が少ない時期です。

この時期から徐々に肩の運動を多く行っていきます。

どれだけ可動域をアップしておけるかが次の解凍期の短縮に重要になります

 

3,解凍期

この時期までくると痛みはほぼ感じません。ですが、肩の可動域に制限が残ります。

ここで氷結期に重要とお伝えした

可動域のアップがしっかりとされていないと、動きの制限が長く継続してしまう事もあります。

この時期でも関節の可動域の運動を行っていくことが重要です。

 

 

運動というのも「水入りペットボトルやアイロンを持ち、重さに身を任せて腕を動かす」

振り子運動やアイロン体操や、「痛くない方の腕で介助しながら腕を上げる・色々な角度に動かす」、「タオルを使用し腕を引き上げる」などが有効です。

 

 

 

因みにこちらの傷病、江戸時代にもあったそうで「人間五十も生きていれば肩が痛くなるもの」といったニュアンスの言葉が当時からあったそうです。

時代が変わっても人の悩みは変わらないみたいですね。

お悩みは人それぞれだとは思いますが、お身体の不調でお悩みの方は是非久喜整骨院に一度ご相談下さい(^^)

 

 

久喜整骨院

/

Recommend Post おすすめの記事

くき社協だよりに掲載されました! (追記:転倒防止・体操教室について)

久喜整骨院の日常
症状から記事を探す

INFORMATION 当院に関する情報

院名
久喜整骨院
所在地
〒346-0014
埼玉県久喜市吉羽4-3-3
受付時間
9:00〜12:00 / 15:00~19:30
※土曜日のみ受付時間18:00まで
※休診日:水曜・祝日・日曜午後
※臨時で休診日が変更になることがございますのでお電話にてご確認ください
アクセス
【バスでお越しの方】
※久喜駅東口よりバスが運行しております。
◆朝日バスの場合
停留所「高田」で下車し、徒歩1分です。

◆久喜市内循環バスの場合
「野久喜・吉羽公園」「野久喜経由・ふれあいセンター行き」、「吉羽経由・久喜駅東口行き」のどれかにご乗車いただき、停留所「高田」で下車し、徒歩1分です。

【車でお越しの方】
整骨院の前と裏手に13台の駐車スペースがあります。詳細な場所などにつきましては受付にお尋ねください。
■カーナビでは久喜整骨院(くきせいこついん)で検索ください
受付時間
9:00〜12:00
15:00〜19:30 15:00〜
18:00